ホータン・カラカシ県でも衝突、警察当局が認める

RFA 2008年3月30日

RFAでは、中国当局が一週間にわたって隠してきた、ホータン市で3月23日に起きたデモについて昨日報道したが、本日電子メールでRFAに寄せられた情報によると、23日の同じ時間帯にホータン地区カラカシ県でも同様の事件が発生している。

RFAでは、カラカシ県警察当局のチニワグ出張所に電話して確認したところ、警察側が事件発生を認めた。しかし、警察側が事件の詳細について触れることを避けた。

カラカシ県で起きた事件についてRFAに寄せられた電子メールの情報によると、当日はカラカシ県でも人々がデモに集まったが、警察がいきなり拘束に乗り出したため衝突が起きたという。警察側が事件そのものを認めたが、衝突やその他の詳細な情報は未だよく分かっていない。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/2008/03/30/qaraqashta-namayish/

【関連記事】

ホータンでデモ、600人拘束