尾行・監視は当たり前、まさかの”手のひら返し”も…中国で最も“取材困難”新疆ウイグル自治区 超敏感エリアの中心都市「ウルムチ」の今

尾行・監視は当たり前、まさかの”手のひら返し”も…中国で最も“取材困難”新疆ウイグル自治区 超敏感エリアの中心都市「ウルムチ」の今

人権問題などで常に世界の目が注がれる、新疆ウイグル自治区。中国の外国記者協会が2021年に出した報告書で、現地への渡航や取材が「特に困難」であることが記されている。

現地取材経験のある“先人”たちからは、数々の苦難を耳にしてきた。当局者から終始尾行されたといった無言のプレッシャーはもちろん、到着した空港で渡航理由を聞かれ外に出ることもなく追い返された、撮影した映像や画像を消去させられた、さらには当局に身柄を拘束されたといった厳しい類の対応もあったという。中国政府にとっても、取材する側の我々海外メディアにとっても「超敏感エリア」なのだ。

街中の監視カメラ ウルムチだけで4万3000台以上(2019年時点)とのデータもある

死傷者1800人以上 14年前の大規模抗議の現場へ

超敏感たる所以の1つとして語られるのが、2009年7月5日から7日にかけて中心都市・ウルムチでおきたウイグル族の抗議活動だ。

漢族とウイグル族の民族対立を背景に、多数のウイグル族と治安当局が衝突したこの“事件”では、当局発表だけで197人が死亡、ケガ人は1700人以上出たとされている。中国政府はこの抗議活動を「ウイグル族によるテロ行為」と位置付け、当時、“被害を受けた”場所として、海外メディアに一部の現場を公開した。

しかし現場公開当日にも、身内の男性が次々に当局の手によって連れ去られたと訴えるウイグル族の女性たちが海外メディアの目の前で抗議活動を展開し、当時の取材映像は世界に衝撃を与えた。

身内の男性が当局に突然連行されたとして多数の女性たちが抗議(2009年7月7日撮影)

あれから14年。当時の映像などを頼りに、“被害現場”としてメディアに公開された場所付近を訪れた。FNNがこうした敏感なテーマについて新疆ウイグル自治区でカメラ取材を行うのは4年ぶりのことだ。

現地に到着してすぐに見て取れたのは、都市開発が進み、様変わりしたウルムチの様子だった。14年前、車などが焼かれる被害を受けたとして公開された自動車販売店があった場所はホテルや銀行などが入る建物に変わり、ウイグル族が抗議の声を上げながら行進した道路の周辺にはいくつもショッピングモールが立ち並んでいた。

当時の記憶は完全に消えてしまったのだろうか。道路周辺には当時の面影が感じられる一角もあり、そこでインタビューを試みた。

唯一、まともに取材に答えてくれたのは19才の男性だった。彼は14年前の抗議活動について全く知らないと話し、「このあたりは、警察も多数配備されていてとても安全。今、抗議活動は起こりえない」と胸を張った。

Read more